+ テニスの王子様感想 +



菊丸の夏休み

ドキッ!人気キャラだらけの 選抜。
…になりそうですねホントに。
実力より人気…。済みません、今週結構面白かったのに(^^;


Aパート。
人気アイドルグループ・チョコレーツ。
どうやらそのチョコレーツのファンらしき菊丸は彼女達の出ている番組を自宅の部屋で小型液晶テレビで観てました。
…チッ、こいつもボンボンかい。
しかしアイドルに夢中とは、中学男子らしくて可愛いですね。
番組の内容は、チョコレーツがリクエストハガキを出してくれた人の中から抽選で選ばれた人の自宅を訪問するというもの。
当選者はなんと<B>菊丸英二、中学三年生。</b>

そんなこんなで波乱の一日の幕は開きました。

朝から海水浴に出かける菊丸一家。
菊丸の家(外観)初公開です。家族が多い多い(^^;

「おなかが痛い」と言って一人留守番を決め込む菊丸。
その心はもちろんチョコレーツを独り占めするため。

チョコレーツを迎えるため、上機嫌でケーキを作り始めたのは良いんですが…、
チョコレーツだけにチョコレートケーキなんて作ってます。

つ、ツッコミ…某キャラのツッコミが欲しい。

しかし凄いなぁ、自分で作ろうと思うところが凄い。
相当腕に自信があるって事ですよね。
何気にしっかり掃除なんかしちゃったりして、案外使える…いやいや家庭的。
部屋の飾りつけもして準備万端といった所に訪問者が…。
予定より早いと思いつつ玄関に出る菊丸。
そこにいたのはなんと、大石。
田舎からスイカを大量に送ってきたためおすそ分けに来たとの事。
菊丸の部屋のぬいぐるみの位置まで把握している大石、勝手知ったる何とやらという感じで一人台所に向かいます。
焦る菊丸の気持ちも分かるなぁ。

「何なんだ…この非日常的な空間は」
と居間の飾り付けを見てスイカを落とすというリアクションまで付けてくれた大石。
何かあるのかと聞かれて否定しまくる菊丸。
この時ちゃんと大石に話してればおかしなことにならずに済んだかもしれないのに欲張るから…。
てか大石は基本的にどっかズレてるんだからハッキリ言わないと分かってくれないぞ菊丸よ(^^;

何とか帰ってもらおうと思案しているところにまた新たな訪問者が…。
補習?に出てたらしき不二と乾でした。
プリントを持ってきた模様。

玄関先に大石が顔を出したため「じゃあお邪魔するよ」と菊丸宅へ上がりこむ二人。
…だからさっさと説明しとけばよかったんだよ菊丸。
多分大石なら黙って引き下がってくれるって。

飾り付けから菊丸は寂しがってると勘違いした三人はゲームをして盛り上がろうと勝手に言い出しちゃって益々困る菊丸。
観てるこっちがもどかしい。
更にトレーニング中懐かれた猫を追いかけて海堂まで菊丸宅に乱入。

ゲームに集中できず負けた菊丸に新作乾汁を差し出す乾。
な、何か禍々しいオーラでてるんですけど…。
…あ、拒否する菊丸に替わって飲んだ乾は青ざめてトイレ直行してました。

大石は飾ってあった卓上カレンダーのマークと台所のケーキを見て何かを悟った模様。
「分かっちゃった?」と焦る菊丸。
しかし大石の事…また壮大な勘違いをしているんだろうなと思いつつCM。

Bパート。
急用だと桃とリョーマを菊丸の家へ呼び出した大石。
桃に居間のドアを開けるように促します。
アヤシイと思い帰ろうとした桃を半ば強引に中に入れます。
桃が開けた瞬間
「桃、誕生日おめでとう!」
との声が…。

…えっと、とりあえずファンブックを確認。
桃の誕生日は7/23。
さ、流石大石…部員の誕生日覚えてたんだ。
ズレますがファンブック見てて気付きました、明日は観月の誕生日ですね。
作中ではもうとっくに15歳でしょうが改めて…おめでとう観月!
桃もおめでとう!

話を戻して。
「そういやこの間誕生日だった」とは桃の談。
ということは今日は23日ではないと言うこと。
昨日や一昨日でもないでしょうから、一週間前後って所でしょうか。
てことは今は7月の最終週…うん、多少無理がありますが大体時間軸はこんなもんだと思います。
そこまで矛盾出てなくて良かった。

にしても菊丸は何故カレンダーにマーク付けてたんだろう。
まあ、居間のカレンダーなので菊丸が付けたとは限りませんが。
そしてやはり大幅に勘違いをしていた大石。
菊丸がチョコレーツの為に作ったケーキはレギュラー陣の腹の中へと消えていきました。
哀れすぎる…。

「そういえばタカさん呼ないんすか?」とリョーマ。
いや呼ぶもなんも元は勝手に来ちゃっただけだしねぇこの人たち。
タカさんに優しいねリョーマは。いい後輩だ。
しかし非レギュラーも気にかけてやって。
物語的に無理があるのは百も承知ですが、外から見てたら感じ悪いですよね。
ことある事にレギュラーだけで何かやってるのって。

しかし大石はそんなに甘い男ではなかった。
板前衣装で寿司片手にタカさん登場。
バッチリタカさんにも連絡入れてたようです、大石。

そんな事をしているうちに刻一刻とタイムリミットは迫り、菊丸の家にはロケ車が。
ディレクターから電話でそろそろスタンバってくれるよう言われ益々後がない。

ついに腹をくくって真実を話すことにした菊丸。
しかし、トップアイドルが家に来ると急に話しても信じてもらえるハズもなく…。

時に乾。
あれ以降ずっとトイレに籠もっていた模様。
ゲッソリしてます。自業自得なんですが。
トイレから出てきた所に玄関のインターホンが…。

居間で菊丸のウソ(と思ってる)に大笑いする面々。
海堂なんて「チョコレーツって言えば<b>今をときめく</b>トップアイドルっすよ」なんてもはや死語なセリフ回しまで披露してくれました。
当選ハガキを取り出して必死に説明する菊丸。
ようやく信じてくれたみんなをよそに時計の針は四時を指してます。
番組開始の時間です。
テレビのリモコンスイッチを押したリョーマ。
そこに映ったのは「チョコレーツのお宅訪問」の文字をバックにした菊丸の家の玄関。

「今日は菊丸英二さんのお宅を訪問しちゃいまーす!」
と画面に出てきたチョコレーツの四人。

「ほらほら!」とテレビ画面を指差す菊丸。
良かったね…と私もホッとしたのもつかの間。

「きっくまっるさーん!」とチョコレーツが玄関に向かって呼び掛けると「ハーイ」との声。

その声と共にに玄関を開けたのは……
乾貞治。

や、やばい…やばいやばすぎる。アイドルと並ぶ乾はヤバイ。
面白すぎ。素直に爆笑しました。
しかし菊丸のことを考えると…、早く玄関にダッシュだ!急げ!

「あなたが菊丸さんですか?」とチョコレーツに聞かれ、思わずアイドルオーラに赤面する乾。

「ハイ、私が菊丸英二です」と。

か、騙っちゃったよこの人…。

またもや爆笑。
やばい…てか乾、
今の君はどう見ても
ただのアイドルオタクだ。
全国のお茶の間に「菊丸英二」としてビン底メガネのオタクが流れた訳で…。
あ、哀れすぎる菊丸。

青ざめて菊丸が駆けつけた時には時既に遅し。
チョコレーツは既にいなくて慌てて涙まで浮かべて辺りを見回す菊丸。
さらに振り返った乾の顔にはチョコレーツのキスマークが。

「さっき別嬪な女の子四人がテレビカメラと一緒に来た」
とまたも海堂に続いて時代錯誤な用語で嬉しそうに語る乾。
やはり中学男子、カワイイ女の子には弱いらしい。
更にサインももらった模様。
崩れ落ちる菊丸。

か、カワイソウだ…てか私なら一生恨むかもしれない。

あんまりだ…と思ってましたが、あの後なんとロケ車を呼び戻した模様。
戻ってきてくれるなんて…スケジュールおしてないんでしょうか?
今をときめくトップアイドルなのに。
でも良い子達だ、ファン思い。
暗くなるまで菊丸の家にいてくれたみたいです。

一緒に写真も撮れたらしいし、良かったね菊丸。
ホッとしました、あまりに哀れだったから。

しかしみんながいなければもっとスムーズに事は運んだはず…と考える菊丸を大石は上手く丸め込んでました(^^;

しかし、です。
全国に乾が菊丸として流れてしまったのもまた事実…。
彼らを知ってる人でテレビ観てた人もいるでしょうから、後々まで色々笑いのネタにされそうですね(^^;
他校にまで飛び火してそうです、神尾とか観てそうだし。

一人後片付けをしながら「やっぱりなっとくいかない」と菊丸が思っているところに家族帰宅。
お土産に菊丸の好きな海老を買ってきてくれたらしく喜ぶ菊丸。
が、姉たちは腹痛をおこしていた菊丸の為に別のものを買ってきてくれた様子。
それなんと

マンドラゴラ 高麗人参。

高かったから全部煎じて飲めとの姉たちの命令。
あちゃー…あれ不味いんですよね(^^;

こんなオチまでついて菊丸波乱の一日は幕を閉じたのでした。


コンテもうちょっと上手かったらもっと面白かっただろうな…とちょっと残念に思いました。

提供。
今日の乾はラッキーでしたね。

次回。
選抜…何か日米親善試合をするそうで、急遽集める事になったらしいです。
私、先週、先々週とお話したとおりすっかり悟った気になってました。
が、少なからず予告で動揺して全然甘かったことを実感。

佐伯、何故キミが選ばれてるんだ…!
最悪…六角(の三年)から一人も出ないならまだ良かったのに。
剣太郎は?ダビデは?
てか佐伯って六角レギュラーじゃ最下位争いしてるくらいの実力ですよね…。
少なくとも試合をした六角戦の映像観た限り、私には彼が一番弱く見えました。
弱いっていうか、取れる球スルーしたり等ちょっとおかしいというか。
結局2ゲームしか取れずにボロ負けしたし。

いや、私は佐伯は好きです。
好きですけど、こうあからさまだと…。

跡部は選ばれて当然の実力はあると思ってるので別に(苦手だけど)良いんです。
氷帝は人気があるので佐伯さえ選ばれていなければ氷帝だらけでもしょうがないと思いました。

樺地や鳳や宍戸にバネちゃんが劣るとでも…?

鳳も宍戸も大好きです。
でもなぁ、少なくとも今年の実績から言えば一回戦敗退の氷帝とベスト4の六角じゃ全然違うと思うんですけどね。
佐伯に限っても、ダビデや剣太郎はもちろんバネちゃんに勝てるとは…。
だって考えてみると動体視力以外取り立てて特徴のない佐伯に、樺地、河村以上のパワーと高いテクニックを要するバネちゃんじゃ…ね。
え、ルックス?…そりゃもちろん佐伯の完全勝利ですが(苦)

まあいいや。
これはアニメ、ビジネスなんですから人気キャラを出すのは当然ですよね。
ちっとも悪い事ではありません。

それに私は前川さんに下手に六角を扱って欲しくなかったはず(^^;
でも、それとこれとは別というか…複雑な心境です。

こういう地方の選抜というのは各地の能力向上のため単純な実力ではなく色んな学校から集めたりもしますし。
いや、その学校の一番強い選手を呼ぶのが普通ですが。
ダビデでしょう、この場合。彼が六角のエースなんですから。

観月に対してはなんとも思わなかった辺り、彼に関しては悟りきっていたようです。
そりゃ都大会落ちの学校ですからね…逆に選ばれてた方が変です。
ルドルフから誰か(人気のある観月や裕太)が呼ばれてたら益々イヤだったかもしれない。

てか、山吹の姿が見当たらなかったんですけど気のせいですよね?

清純は選ばれるものだと疑っていなかったのに…予告に出てないだけですよねきっと。

にしても選抜ユニフォームの袖を捲くっていた佐伯には笑いました。
ノースリじゃないと落ち着かないのかな。
相変わらず物凄い美形でした、一人放つオーラが違ってましたから。
流石作中一王子が似合う男!
いつもは回りに濃いメンツがいるので気付きにくいですが、彼も立派に海の男でしたね。
カッコイイ。

なにやら神尾と思われる人物が切原に掴みかかってましたけど…また喧嘩でしょうか(^^;

立海の制服は良いですよね。
ルドルフのネクタイの縞模様は省略されたのに立海のはバッチリ入ってる辺り…(笑)
差別化をはかる意味でもOKですが。
色合いが凄く好みで、アニメでは立海の制服が一番好きかも。

ていうかあのユニフォームはヨネックスの新作か何かでしょうか?
バッチリロゴ入ってましたよね…。

 


Back